美しきバスクを歩く ビルバオからボルドーへ

DSC_8301

バスク(BASQUE)はスペインの北部とフランス南西端の大西洋側のビスケー湾に面した地域。独自の歴史・文化と言語を持ち、スペイン側の4県は「バスク自治州」と「ナファロア自治州」としてスペイン本国から高度な自治権を与えられている。そこにはフラメンコと闘牛とは違うスペインがあり、広く隣国フランスにまたがる単一の文化圏を形成しているという。そして「食はバスクにあり」とも称賛されるほどの豊かな食文化も気になるところ。そんな旅心に誘われるまま、初夏のバスク地方をスペイン側からフランス側まで縦断した。

DSC_7765

DSC_7751

バスク自治州の中心都市はビルバオ(Bilbao)だ。ビルバオ国際空港には国内各社がマドリード・バスセロナから国内線を飛ぶのに加え、本数は少ないがヨーロッパ各国のLCCがロンドンやパリなどから国際線を就航している。到着してまず驚くのが、巨大な鳥の翼かくちばしのようにも見える、天井部分が空に付き出したターミナルビルの意匠。建物自体の規模は大きくはなく、またある種の懐かしさを感じる芸術性に富んだ建築だが、デザインが画一化している世界の空港ビルの中ではそのアーティスティックなインパクトは突出している。ターミナル2階の出発ロビーに上がると、曲線と直線の柱が組み合わされた巨大な構造は吹き抜けになっていて、はるか上空のガラスの窓からは自然光がふんだんにまた複雑に取り込まれている。設計はフレーム構造を特徴とするスペイン人の建築家サンティアゴ・カラトラバによるものだというから、納得だ。市内ではこのターミナルの写真を使った絵葉書も売られているから、地域でもシンボリックな存在なのだろう。ちなみにターミナル内のすべての案内表示などは、スペイン語と英語よりも上にバスク語である。

人口30万超のビルバオは歴史のあるヨーロッパ的な古い街でありながらも中心部は驚くほど美しく整備されている。歩道にはゴミひとつ落ちておらず、裏道でさえ少々危険な匂いがほぼしないことが、ヨーロッパの都会としては驚くべきことのように感じる。それには理由がある。ビルバオはスペイン黄金期には国内随一の商都として発展し、19世紀の産業革命期から20世紀初頭までは鉱業・製鉄・造船業の街として繁栄を極めた。世界最古の鋼鉄製の運搬橋として2006年に世界遺産に登録され、現在も現役で使用されているネルビオ川河口に架かる「ビスカヤ橋」も、街の鉄鋼業の最盛期に建設されたものだ。しかしスペインと同地域における鉄鋼業など工業の衰退と共に街は勢いをなくし、荒廃。時を同じくして、バスク地方のスペインからの独立を主張する運動が激化。一部は過激派集団となりマドリードなどでテロ行為に及び、バスクとビルバオの暗い時代が続いた。その後21世紀に入り、同地域がスペインから従来よりも高度な自治権を獲得し、また過激な独立運動の停止が宣言されてからこの街が取り組んだのは、芸術を軸にした街の再生だったのだ。その核となるプロジェクトがニューヨークにあるグッゲンハイム美術館の分館の誘致。ニューヨークにある世界有数のコンテンポラリーアートの美術館「グッゲンハイム」の初の海外分館を街の中心部に建設し、それを中心にかつての鉄鋼の街をアート産業の拠点に変革しようとする構想だ。はたしてその取り組みは成功を収め、「グッゲンハイム・ビルバオ(GB)」は1997年の開館から現在までにビルバオを象徴する存在となる。それに伴い街の中心部は大胆に整備され、芸術の街にふさわしく、エリア全体で徹底的な美化にも取り組んでいる。スペインの経済不安や若者の高い失業率などの厳しい現実から切り離された人為的な「美しすぎる都会」の印象はあるものの、少なくとも旅行者としては不快な思いをしない落ち着いた都市の佇まいである。ビルバオは大規模な都市再生の成功例として、歴史に刻まれていくのだろう。

DSC_7878

DSC_8014

ビルバオは夜も長い。緯度が札幌と同じ程の高さであることもあり、夏至の頃には夜の10時半くらいまで空は明るい。長い夏の夜をとことん楽しむかのように、深夜まで街中では人通りが絶えない。バルなどの飲食店は毎夜、多くの人で溢れている。旅行者だけでなく地元の老夫婦や家族連れなどもいることから、街全体が安全であることが分かる。

バルにはマドリードなどで「タパス」と呼ばれる酒やコーヒーなどのつまみとして楽しむ小皿料理が、「ピンチョス」というバスク風の名前で店内のカウンターに置かれている。味付けが控えめなのが特徴で、豊富なシーフード料理にはどこか日本の田舎料理を思い起こさせるものも多い。実際、バスク地方の料理は素材と調理法の多様性が特徴でまたそのレベルが高く、スペイン国内から移り住んでくるシェフも多いと聞く。酒も豊富でスペインワインはもとより、地元のりんご酒「シドラ」がお勧め。リンゴ果汁本来の甘さに加え、果肉や皮のすぐ裏辺りのわずかな渋みもしっかりと残る、癖になる舌触りと香りの天然アルコール飲料だ。

DSC_8439

DSC_7815

ビルバオからバスク地方を東に進む。移動にはバスや鉄道が便利だ。チケットの購入などでは英語はあまり通じないが、交通サービス自体は良く整備されている。向かう先はビルバオから約100キロ離れた海岸の街、サンセバセティアン。バスク語でドノスティアである。ここはスペイン王族の避暑地でもあったという、海風が心地よい風光明媚なリゾート地なのだが、誰もが楽しめるようバルや格安の宿「ペンション」が充実している。それでもリゾート地にありがちな旅行者をからかったり、トラブルを引き起こすような(つまり野暮な)雰囲気がほとんど感じられないのが印象的だ。ここはどこまでも大人の落ち着きと安心感と美食に満ちているのである。

投宿先のペンションの若い女性に話を聞く。バスク地方のスペインからの独立については「今も独立の機運はあるけど、過激な運動はもうないし、これからはいろんなことが選挙で決まっていく。独立を主張する友人も多いけど、私は両親がそれぞれスペイン人とバスク人のいわゆる『ハーフ』。それもあって独立するよりスペインのままでいたほうがいいと思う」という。バスクの言葉についても尋ねると、「バスク語で『バスク語』は『エウスカル』。スペイン語とは文法も発音も全く違うから、自分はバイリンガル」と言い切る。そして「そうそう、日本語ってエウスカルに発音が似てるの。日本人が話しているのがエウスカルに聞こえることがある」とも話し、彼女の名前「イチア(Itziar)」が日本人の名前のようだと言われたことがあると、なんだか嬉しそうだ。

DSC_8305

DSC_8505

バスクの人が話す言葉は言語学的にはルーツが解明されていないらくしく、エウスカルは青銅器時代に小アジア(トルコの東一帯)から移動してきた人たちの言葉が起源だという説もあるという。多文化や多言語を受け入れる素地には、民族的な理由があるかもしれないということか。しかしそんな彼らが、スペインという大きな国の中でまた多様なヨーロッパの中でバスク人として自身のアイデンティティを保ちつづけるとは容易ではないはずだ。ましてやそのアイデンティティが、歴史や明確なルーツの上に確立されたものではなければなおさら。それは今現在彼ら自身が日々大切にし、また次の世代に伝承している形のないもの、まさに日々の暮らしそのものにリアルタイムで息づくものなのだろう。旅のルートは遡るが、バスクの歴史と文化についてはビルバオ市内のバスク博物館がお勧めだ。そこでは、一般に知られているスペインとはまったく別の、穏やかで豊かな人々の昔と今の暮らしぶりを垣間見ることができる。

DSC_8482

足をさらに東に進め、鉄道でフランス側のバスク地方の入り口「アンダイエ」の街に移動する。スペイン側からの路線の終点がフランス領内といういかにもヨーロッパ的な鉄道である。出入国管理はない。アンダイエからはフランス国鉄に約40分乗り、バイヨンヌに向かった。フランス南西端のピレネー=アトランティック県の郡庁所在地で、フランス側のバスク地方の中心地だ。巨大な尖塔を持つカテドラルを中心にした古都で、街のそこそこにはバスク語の表示がある。フランス領内であるから当然だがスペイン語は突然に通じなくなり、辺りはすっかりフランス語圏になる。レストランなどの料理は同じバスク料理でもフランス料理との融合だったり、フランス料理風の味付けだったりすることが興味深い。そういえばドノスティアのペンションのイチアが「フランス側のバスク地方も楽しいわよ。習慣や料理や言葉はすっかりフランスだけどね。私たちはエスカウル(バスク語)が通じるから問題ないけど」と話していたことを思い出す。たとえバスク語は話せなくても、ここバスクではゆるやかに重なり合う2つの文化圏を1日のうちに楽しむという、なんとも贅沢な旅ができるのである。

帰路はボルドーから空路ロンドンに戻る予定だ。バスク西端のビルバオ空港に入り、バスク地方を陸路縦断し、最後に東端のボルドー国際空港から抜けるのである。ボルドーは厳密にはバスク地方ではないが、街のあちこちのレストランなどに「バスク風」のメニューがある。ここはバスクの北東の「隣接地」で、実際、この街を拠点にバスク地方を巡る旅程を組む人も多いという。またボルドーは、フランス南西端地域からバスク地方を通過してスペイン北西端に続く巡礼の道「カミノ・デ・コンテスポーラ」の起点の一つでもある。そう言えばビルバオからの道中、巡礼のシンボルであるホタテ貝の殻を身に付けた多くの巡礼者とすれ違ったことを思い出す。現在の文化圏や国境がある以前から、この地には多くの人が往来し、人々の暮らしが現代に至るまで面々と繋がっていることを改めて思い知る。

DSC_8597

バスク地方、あるいはエウスカディには熱すぎず、まぶしすぎないスペインとフランスがあるように思う。どこまでもシンプルで親切な人々の眼差しと笑顔が、道中いつも、どこかの小国で穏やかに暮らす人々を思い起こさせたことが忘れられない。それはまるでバスクの人たちが独自文化と自身のアイデンティティを胸に、それぞれの心の中ですでに独立を果たしているようにも見えた。  (written and photographed by Keizo Yamamoto)