カウボーイ・牛馬・酒場 〜 西部開拓時代の風情残るフォートワース歴史地区

073

アメリカテキサス州ダラスにある空港は「DFW(ディエフダブリュー)」と呼ばれている。「ダラス・フォートワース国際空港」略で、航空業界で使われる3文字のエアポートコードがそのまま一般呼称になっているのだ。この空港、実は約60キロメートル離れて隣接するダラス市とフォートワース市のまさに中間にある。名称が両都市の名をつないだものになっているのは、そのためである。

ダラスがよく知られた米南西部の大都市である一方でフォートワースは少し地味だが、そこは西部開拓時代の雰囲気がいまだに残る魅力的な場所。国立歴史地区として西部劇の世界がそのまま残される「ストックヤード」があるので、ぶらりと訪れてみることにした。

DFWからクルマを西に走らせると、荒野と呼んでも良さそうな広大な土地を、ハイウエイが縦横無尽に貫いている。その規模感はまさにアメリカである。高速で走り続けてもその距離感を掴みきれないのが面白い。交通量も速度もダイナミックなのだが、全体的に車線幅がゆったりしていて標識などの案内もわかりやすく、運転そのものは余裕を持って楽しめる。

ほどなくしてフォートワースに到着する。街の人口は約80万人で、中心部には見上げるばかりの高層ビルも多数建つ。同時に、中心部のダウンタウンにもどこか西部開拓時代の面影が残り、またそれを現代風にアレンジした落ちついた風情の通りや建物や店舗が並んでいる。ここに立つだけでもアメリカ南西部の歴史の一端を感じられるかのようだ。

064

さらに中心部から10分ほどの郊外に進むと、目的地の国立歴史地区「Fort Worth Stock Yards(ストックヤード)」がある。アメリカの西部開拓時代の街並みがそのまま保存されているエリアだ。石畳のメインの通りには低い屋根に重厚な木製ドアや、店頭に馬留めを備えた店舗や飲食店が連なり、ほとんどが現在も営業している。店舗で販売されている商品はいわゆる「ウェスタン」なテキサスハットにブーツやジャケットなどの革製品、馬の蹄鉄を使ったオブジェなどなど。いずれもお土産物の域を超える本格的な作りのものばかりであるのが印象的だ。販売スタッフの服装や立ち振る舞いもどこか西部劇風なのは、気のせいか。飲食店ではテキサスビースのハンバーガーなどの伝統的なローカルメニューが、ワイルドなサイズと味で楽しめる。インテリアから小物まで雰囲気たっぷりの店内で、ゆったりとした時間を過ごすのがお勧めだ。

054

ストックヤードのストックとは「ライブストック(家畜)」のことで、この地区の中心部にはかつて興隆を極めた「ライブストック・エクスチェンジ(家畜取引所)」の堂々とした建物が残っている。また、並びに建つロデオ専用の大型スタジアム「カウタウン・コロシアム」では今も定期的に競技が開催され、地域から、全米から、そして世界中からファンを惹きつけている。内部の競技フィールドに敷き詰められた土の匂いがとてもリアルで、そこからもロデオの迫力を感じることができる。歴史や観光重視の施設だけでなく、ここには古くから引き継がれ現在もリアルタイムで人々を魅了する文化が生きているのだ。

ストックヤードの旧鉄道駅周辺は質素なモールのようになっていて、土産物のショッピングや食事ができる。ここはより観光客向けの施設が中心ではあるが、週末には本格的な伝統文化を披露するイベントなどが開催され、地元の人々や来訪者が、西部開拓時代の賑やかさを楽しんでいる。平日は比較的混雑が少ないが、それでも国内各地からたくさんのアメリカ人が訪れ、それぞれ興味津々の眼差しで街を歩いている。フォートワースにはダラス中心部から限定スケジュールで観光列車が運行されており、このストックヤードの駅舎に直接到着することができる。車両と道中の車窓からの荒野の景色と合わせ、そのタイムスリップ感はかなりのものに違いない。鉄道もまた西部開拓時代の需要な交通手段。次回は、ぜひ利用してみたいものだ。

044

ちなみにロデオ・スタジアムの名称にもある「カウタウン」とはフォートワースの古くからの愛称で、「カウボーイ」はこの街の発祥とされている。まさにここは西部開拓史あるいは西部劇の「本拠地」なのである。たしかに、当時のワイルドなカウボーイや旅人、地域の農民・商人たちが、今にも通りの角や店の中からふらりと顔を覗かせそうな雰囲気を、そこかしこに感じる。西部劇の世界をそのまま体験できるテーマパークのような場所、と言うのはあまりに軽薄で、多くの人たちにとってここはアメリカの厳しくも濃密な歴史とそのスピリットが刻まれる、心の故郷のような土地と言うべきだろう。

013フォートワースは、西部開拓の歴史だけでなく、どこに行ってもさまざまなものにそのスケールの大きさを感じられる街だ。古いものと新しいものが共に大切にされ、互いに融合している。アメリカのダイナミズムと豊かさ、そして寛容さを体感するには最適の場所かもしれない。

ストックヤードのステーキハウスの奥に、「カウボーイの十戒(掟)」がテキサスなまりの英語で書かれていた。曰く、「言葉に気をつける」「親を大切にする」「殺さない」「群れない」「盗らない」「噂話しをしない」「周囲を羨まない」など。おそらく誇り高きカウボーイの高尚な自戒であろうその精神は、今もこの地に暮らす人々に受け継がれているのだろう。

(written and photographed by Keizo Yamamoto)

024